ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.5.19[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.5.19(土) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第15節 △0-0 浦和@吹田S
[レビュー]猛攻実らず無念のドロー。ガンバが決定力に泣く

一つ後のニュース

16位というガンバにとっては許されない順位に加えて、対戦相手が宿敵の浦和ということもあり、選手たちが自ずと燃え上がる状況が整っていた。
「今、ガンバが追い込まれている立場にあることを理解しているし、その危機感を浦和にぶつけるだけ(倉田)。ルヴァンカップの名古屋戦では敗れたものの、リーグ戦では現在ホームで4連勝。浦和に勝ちきるべく、ガンバは立ち上がりから気迫十分の入りを見せていた。
「いいときは前から連動した守備が出来ている」と三浦が話すように、2トップの長沢とファンが守備のスイッチを入れ、全員がハードワーク。大きなサイドチェンジでペースをつかもうとする浦和に対してガンバはボールを丁寧に回す本来のスタイルでこじ開けにかかった。

最初の決定機は27分だった。自陣からのカウンターで遠藤の縦パスを受けたファンが倉田にラストパス。鋭い速攻からチャンスを作り出すも決めきれない。
互いに切り替えの速さと球際の激しさを保ちながら進んだゲームは前半、ゴール前での攻防は必ずしも多くはなかったが、ガンバが冷や汗をかいたのは36分だった。
左からのクロスから興梠がフリーでシュートを放ったが立ちはだかったのは浦和戦で特に強さを発揮するガンバの守護神。「本当に彼こそが勝者と呼べる選手ではないかと思う」とレヴィー クルピ監督も怪我を乗り越えて日本代表に名を連ねた東口のパフォーマンスを讃えたが前半1度だけ与えた決定機をしのぎ、試合を折り返す。

「無失点で試合を進めていけば、必ずチャンスはある」と話した三浦の言葉通り、ホームでの連勝中には後半にギアを上げて来たガンバが、浦和ゴールに迫る。52分にはファンと藤本のコンビネーションから浦和を崩すと再び倉田が決定的なシュート。マルティノスを投入し、先手を取りに来た浦和に対してクルピ監督も同じタイミングで食野を送り出し、藤本をトップ下に置く4-2-3-1のシステムで更に攻撃へのテコ入れを計った。
カウンター狙いの浦和に対して、リスクを恐れることなく主導権を握り続けたガンバは84分、倉田のパスを受けた食野が際どいシュートを放ち、さらに87分にも米倉のクロスを長沢が合わせて決定的な場面を作り出したが、浦和の西川の好セーブに阻まれゴールを割り切れない。
「やっていても非常に楽しくサッカーが出来たし、引き締まったゲームだった」(遠藤)のは間違いないが、最後の詰めを欠いたガンバが痛恨のドロー。収穫と課題が相半ばした一戦は痛み分けに終わった。