ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.6.2[チーム]

2018YBCルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦○1-0磐田@パナスタ

一つ後のニュース

リーグ戦の中断期間に行われるルヴァンカッププレーオフはホーム&アウェイ。第1戦をホームで迎えるガンバは、勝ってアウェイに乗り込みたい。日本代表に東口が選出されたため林がゴールマウスを守るが、それ以外のメンバーはリーグ・浦和戦と変更なく試合に臨む。
ガンバは試合に良い入りをしてシュートまで持ち込むと7分に先制点を決める。ウィジョが右サイドでボールをキープして前を向くと、長沢にパス。長沢がダイレクトでヒールで落とすと、ウィジョがアウトサイドでシュートを決める!その後、先制をされた磐田が前に出てきてガンバは守る時間が続く。ガンバには28分にFKからチャンスがあったが決めきれない。磐田のペースで前半は終了。
後半も磐田にチャンスを作られるが、守備陣が集中してゴールを守る。ガンバは55分にカウンターからチャンスを作る。米倉のクロスに走り込んできた藤春がサイドキックで狙いすましてシュートを打つが、惜しくも枠を捉えず。また60分にも長沢に決定機があるが、これは相手GKに防がれる。少しずつ中盤がなくなりオープンな展開に。ガンバは67分に米倉からオジェソクへ、長沢から食野に2選手を交代。再び磐田にシュートを打たれるがミスに助けられる。80分に最後の交代として藤本から髙江へ。第2戦で少しでも優位に進めたいガンバはカウンターから磐田のゴールに迫るが、追加点は上げることが出来ずに1-0で終了。
第1戦は磐田にアウェイゴールを許さず勝利を収めたが、まだ半分が終了したのみ。来週アウェイで行われる第2戦でも勝って、決勝トーナメント進出を目指す。