ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.6.14[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.6.16(土) 17:00~ 明治安田生命J3リーグ 第14節 ●0-1 鳥取@とりスタ
[プレビュー]若きガンバが問われる攻守の力。フェルナンジーニョ擁する鳥取に挑む

一つ後のニュース

ここ3試合勝利から遠ざかっているガンバ大阪U-23だが、2試合連続で追う展開の中からドローに持ち込み、それぞれ勝ち点1を積み上げてきた。
「やろうとしているサッカーはでき始めている。そういう意味でも鳥取戦は楽しみ」と森は今季、好調な鳥取との顔合わせを待ちわびている。
直近の3試合は1敗2分けだが、前節はやはり上位につける福島相手にほぼ一方的に押し込み、宮本監督が狙いとしたサイド攻撃を徹底。引き分けには終わったものの宮本監督も「修正というよりは、福島戦でやれていたことの精度をより上げていきたい」と継続性の重要性を口にする。
4試合ぶりの勝利を手にする上で、当然不可欠になるのは一美ら攻撃陣の奮起になるのは言うまでもないが、鳥取戦は攻守両面における若きガンバの今が、問われる一戦だ。

「鳥取はしっかりと守備を固めて、前線の3人の能力を生かすハッキリとしたサッカーをしてくる」(宮本監督)。
現在、4位の鳥取は今季、開幕当初、一時首位をキープ。6/4に森岡監督を解任しているが直近のリーグ戦2試合は完封勝利を飾っており、再び上昇気流に乗り始めている。
守備時には5バックで守備を固め、攻撃に関しては前節も決勝ゴールを奪っている元ガンバのフェルナンジーニョらブラジル人助っ人の個の力で鋭く攻め込んでくる攻守分業のスタイルだ。
「鳥取は守備が堅いので、アタッキングサードの質を福島戦以上に上げないと点は取れない」と話すのはエースの一美。前線の3枚以外は徹底して守備に専念してくる鳥取の人海戦術をこじ開ける上で、前節同様にサイドからの崩しを意識する若きガンバだが、やはりゴール前で鍵を握るのはチーム得点王の一美の決定力だ。
「引いた相手にはミドルシュートも有効だし、とにかくシュートの本数を増やしたい。少ないかもしれないけど、そのチャンスを僕が決め切りたい」と日々成長中の和製エースは2試合連続のゴールを意識する。

勝ち切る上でゴールは不可欠だが、鳥取戦では最終ラインの耐久力も不可欠だ。鳥取にはガンバで一時代を築いたフェルナンジーニョがおり、加えて今季加入したブラジル人FWレオナルドは得点ランクのトップとなる8得点。ブラジル人アタッカー達の個の力を前面に打ち出してくる。
「僕らがボールを持つ時間は長くなるかもしれないが、相手のカウンターは常に気をつけたい」と野田も自らの役割を自覚するが、押し込み続けながら一本のカウンターに泣いた前節の反省を生かしたい。
「内容は上がってきているが勝たないと評価につながらない」(野田)。勝ち点差2の鳥取を下して、上位陣に食い込みたい。