ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.9.16[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.9.15(土) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第26節 ○2-1 神戸@ノエスタ
[レビュー]見せた勝利への執念。神戸に逆転勝ちし、宮本体制で初の連勝飾る

一つ後のニュース

前節、川崎に快勝したガンバにとって神戸戦は復調の真価が問われる試金石の一戦だった。
「ここで勝てば弾みがつく」(遠藤)。宮本監督の就任後まだ連勝のないガンバが目指したのは、今季未だ手にしていないアウェイでの勝利だった。
韓国代表から1ヶ月半ぶりに戦線復帰したファンが先発に名を連ね、今野が3バックの一角でスタート。イニエスタ擁する神戸に対して勝ち切る布陣を送り込んだ宮本監督だったが、立ち上がりからアグレッシブさを見せたのはガンバだ。

「お互いに生かし合える」と指揮官が期待を込めた渡邉とファンのコンビプレーが早速見られたのは3分のこと。遠藤の縦パスから渡邉が絶妙なダイレクトパスでファンの決定機をお膳立てする。
川崎戦で見せた球際の激しさと運動量の多さはこの日も健在で、チーム全体が勝利への執念を序盤から見せていたが、35分、「最後のフィニッシュのところでクオリティを生み出せる選手」と指揮官が警戒したイニエスタを起点に先制ゴールを奪われる。
絶対に勝ち点3が必要な展開で追う展開を強いられたガンバ。後半、宮本監督は「本来持っているコンビネーションとか、距離感の感覚を思い出した中で、いいボールの動かし方もあった」と4バックに移行した効果を口にしたが、早々にシステム変更の狙いがゴールに結びつく。
52分、小野瀬のパスを受けて攻撃参加したのは後半から投入されたオ。絶妙のクロスに矢のようなスピードで飛び込み、シュートを突き刺したのは「苦しい時にチームを救いたい」と決意表明していた倉田だった。

後半の早々に指揮官の采配が的中する格好で生まれた同点ゴールでガンバが勢いづく。川崎戦は割り切った守備で勝ちきったガンバだが本来は「自分たちでボールを握る時間を長くしたい」(遠藤)のがチームのスタイルだ。4バックによって攻撃時の流動性を取り戻したガンバは68分、倉田の突破から「韓国代表で点を取れたいいイメージが残っている。神戸戦でもゴールを決めたい」と話していたファンが絶妙の動き出しから勝ち越し点をゲット。その後もピッチに立っていた誰もが局面で体を張り神戸に付け入る隙を与えない。
8月には相手のシンプルな放り込みで終盤に失点が続いたガンバだったが、神戸相手に「攻撃は最大の防御」を実践。指揮官と選手たちの強気な姿勢が昨年8月以来となるアウェイの勝利をもたらした。