ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.10.6[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.10.6(土) 14:00~ 明治安田生命J1リーグ 第29節 ○1-0 C大阪@ヤンマー
[レビュー]俺たちが大阪さ。アウェイのダービーを制し、ガンバが破竹の5連勝飾る

一つ後のニュース

アウェイのダービーであることを感じさせない力強いサポーターの声援が、宮本ガンバのモチベーションをさらに高めていた。

4連勝の勢いとともに迎えたアウェイのC大阪戦。大阪ダービーが持つ重みと意味は選手の誰もが熟知済みだが、生え抜きの指揮官はトップの監督として挑む初めてのダービーを前に、選手たちにこんな言葉を掛けていた。
「アウェイで勝つことに意味がある」(宮本監督)。エースのファン ウィジョを出場停止で欠くガンバだが、目指したのは5連勝、そしてダービーの勝利だけだった。

「立ち上がりは相手の方が出足もよく、15分ぐらいまでは押し込まれるような展開が続いた」と宮本監督も認めたように序盤はC大阪のサイド攻撃に手こずり、自陣に釘付けになったガンバだったが東口を中心に守備陣が体を張り、失点を許さない。
ガンバも5分にはファンに代わってピッチに立ったアデミウソンが起点となり渡邉のシュートをお膳立て。「一人で打開できるアデミウソンが加わったことで、相手により脅威となる攻撃が出来る」と倉田が期待した個の力を見せ始める。

立ち上がりのピンチをしのいだガンバは今野がC大阪のキーマン、清武をケア。相手の攻め手を封じながらも、徐々にゲームを支配して行く。
ダービー独特の雰囲気の中、互いに一歩も引かない互角の展開が続いた中で45分、アデミウソンが個の輝きを見せた。
「アデミウソンの裏への飛び出しというのは彼自身も意識をしていて、ヤットもそこを十分に狙いとしていた中で、そこから点が生まれたのは狙い通りだった」(宮本監督)。遠藤からの縦パスを機に、倉田が絶妙のパスをアデミウソンに供給。それまで好守を見せていたGKキム ジンヒョンとの一対一でアデミウソンは冷静にループシュートを選択する。「GKが出て来ると見せて止まったので、あそこはループを狙えば入ると思った」と話すアデミウソンの技ありシュートでガンバが待望の先制点をゲットする。

シュート10本を放った前半とは一転、後半のシュート数こそ1本にとどまったものの後半は終始ガンバペースで試合が進んで行く。「今は一人一人が、自信を持ってボールを持てている」と今野もガンバらしいパスワークに自信を見せるがカウンターで加点しきれず、1点差のまま試合は終盤に。ロングボールとセットプレーに活路を見出すべく、攻勢をかけてきたC大阪の攻撃をしのぎながら1対0で見事な完封勝利を飾ったガンバ。

アウェイの地で鳴り響いた「俺たちが大阪さ」のチャント。駆けつけた6000人のサポーターともに、ガンバが5連勝を勝ち取った。