ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.2.22[チーム]

Powered by GAMBAplus

開幕直前!G大阪番記者座談会 ― 番記者が見る今季の宮本ガンバ ― 第四回

一つ後のニュース

宮本ガンバのストロングポイントとは?

下薗:宮本監督が初めてキャンプから指揮をとるシーズンですが、キャンプでの練習試合などを見た上で、強みをあえて言うならどういうところになりそうでしょうか。

小杉:SBがいかに上がれるか。そういう意味でも日韓代表コンビのCBの安定感は、FC東京戦に限れば去年よりもあるし、両SBがいきいきしているように思いました。

飯間:強みがないのが、強みじゃないですか。

一同:笑

飯間:ある程度、相手によって戦い方を変えられるというね。

小杉:確かに、そうかもしれないですね。

飯間:自分たちの形だけにこだわっていないのが、今のガンバの強みなのかなと。

下薗:宮本監督は単にポゼッションとかカウンターという言葉でガンバのスタイルを括ろうとせずに、速く攻める時には攻める、持たないといけない時にはしっかりと保持するという柔軟な考え方ですからね。

飯間:基本的には相手の思考を読み解くサッカーというか、それによって自分たちがどういうポジションを取るかというサッカーですよね。だから、相手がここを抑えておけば勝てるとか、ガンバのここを抑えられると攻め手がなくなるというようなサッカーじゃないように思いますね。もしかしたら面白みはないかもしれないけど、しっかりと勝ち点は取っていくような気がします。

小杉:相手のやりたいことをまず、させないという感じですよね。去年のマリノス戦のように相手のやり方にも合わせますからね。

岩佐:僕個人はSB陣が面白いと思っています。田中選手と髙尾選手が入って来て、強化指定の黒川選手も練習試合では左SBに入っていました。

下薗:黒川選手はかなり期待できそうですが。

小杉:良かったですね、FC東京戦は。

岩佐:そうですね、サイドの攻撃を重視している中で色々なオプションが増えたというのは面白いですし、そこが今のレギュラーである藤春選手とジェソク選手を脅かせるぐらいになってくれれば、なかなかいいものが見られると思いますね。


ズバリ、番記者の予想順位は?

下薗:さて、そろそろ座談会の締めに入ろうと思いますが、今シーズンのガンバの予想順位を皆さんにお聞きしたいと思います。率直な答えとその根拠をいただければ嬉しいです。

飯間:4位かな。やはり川崎はキャンプを見てもこの段階で抜けていました。鹿島もガンバと同じようなチームでまず勝つということを最優先してくる。そして自分たちのやりたいスタイルだけでなく、相手の良さも消して来ますし、ACLを獲ったという自信などを含めてもガンバより上かなと。あとは浦和ですね。杉本選手と山中選手とか補強しましたし、色々なバラエティーに富んだ選手を補強しました。その3チームに次ぐのがガンバじゃないですか。

下薗:降格も優勝もないと言っている飯間さんにしては4位というのは高評価に聞こえますけど。

飯間:そこは宮本監督の采配で3つ4つぐらい順位を上げました。普通に考えれば、神戸とか名古屋も戦力はあるし、清水と広島もバランスは取れていますけど、ガンバには宮本監督の監督力がありますからね。

小杉:期待を込めて優勝です。ガンバの戦力を見ても、アデミウソン選手とウィジョ選手がフィーバーして欲しいですね。今シーズンはスタートダッシュを切れそうな感じがありますし、シーズン序盤はガンバにとって永遠の課題ですけど、去年のチームベースがある上にアデミウソン選手の調子がいいので、スタートダッシュは切れそうです。ウィジョ選手が警戒されることでよりアデミウソン選手も活きるでしょうし、あの2トップは最初から点を取ってくれると。期待ばかりですけど(笑)

岩佐:希望を込めて3位ですね。クラブも「ACL出場圏には」と言っていますし3位には入って欲しいですね。スタメンの11人はJリーグの中でも優勝争いする力はあると思いますが、選手層を考えると川崎とか浦和には少し劣るところはあるかなと思います。ただ、ガンバはACLもありませんし、ワールドカップもないので日程には今季余裕があります。
宮本監督の力でうまく修正しながら戦っていければ、3位には入れるのかなと思いますね。

下薗:ベストメンバーだけを見れば、上位陣に引けをとるとは思いませんが、長丁場のリーグ戦なので僕個人は5位ぐらいかなと。ただ、三冠を獲った年も、誰もがあれほどの躍進を遂げるとはシーズン前に思っていなかったはずですし、ボランチ陣さえ上手く回れば、ACL圏の3位は十分、狙えるのかなと。そして、宮本監督の存在というのはやはり、僕も含めて、皆さんがプラスαとしての要因に掲げるポイントでもありますね。

飯間:僕はガンバの恒さんという視点だけでは見ていません。日本代表の監督にまでなってもらわないと、日本サッカー界としては困る人材だと思っています。日本サッカー界のためにもガンバでタイトルを取って欲しいですよ。

小杉:チームベースは同じですけど、その中でどうチームに変化をつけるのか、そして交代のカードの切り方とか、マネジメント力が楽しみですね。去年と違うことを見せてくれそうな気もしますし。

下薗:昨シーズンは4−4−2と3バックがオプションでしたけど、また違った形を見せてくれる可能性もありますしね。

小杉:非公開が多いので、何の練習をしているのか見られないのが辛いですけど(笑)

岩佐:順位はもちろんですけど、内容も楽しみですし、ガンバらしいサッカーをというのはクラブが公言しているところでもありますよね。縦に速いサッカーもしながら、ボールを保持しながら得点につなげていくという部分で、宮本監督は去年のアウェイの浦和戦のアデミウソンのゴールが理想だと話していました。あれは高い位置でボールを支配して、奪われてもすぐに奪い返してのゴールでしたが、そういうやりたいサッカーが宮本監督の頭の中にしっかりとあるので、それをたくさん見たいですね。


下薗:長いお時間、皆さんに率直なお話を聞かせていただきました。今シーズンが終わった後は、ぜひタイトルを手にした宮本ガンバをテーマにまた、番記者座談会ができればと思います。本日はお集まりいただき、ありがとうございました。


これまでの座談会の様子はこちらからご覧ください
開幕直前!G大阪番記者座談会 ― 番記者が見る今季の宮本ガンバ ― 第三回
http://www.gamba-osaka.net/news/index/c/1/no/9106/

開幕直前!G大阪番記者座談会 ― 番記者が見る今季の宮本ガンバ ― 第二回
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9103/

開幕直前!G大阪番記者座談会 ― 番記者が見る今季の宮本ガンバ ― 第一回
http://www.gamba-osaka.net/news/index/no/9092/