ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.2.23[チーム]

2019明治安田J1 第1節 ●2-3横浜FM@パナスタ

一つ後のニュース

例年よりも長かったオフが明け、いよいよ2019シーズンのJリーグが本日開幕。
ガンバにとって7シーズン勝利から離れている開幕戦は、遠藤選手がJリーグ新記録となる20年連続開幕戦先発出場を果たして幕を開けた。
その試合はいきなり動く。
1分。前線からのプレスがハマりウィジョがボールをカット。そのまま角度がない左サイド深くからシュートを放つがボールはポストに弾かれる。
しかしそのボールを、中央を駆け上がってきた小野瀬が押し込み先制!ホームゲーム通算800ゴール目のメモリアルゴールで幸先良く先制をする。
だが先制直後の3分。立ち上がりの落ち着かないオープンな展開の中、クリアしきれなかったボールを押し込まれ早々に同点に追いつかれると、その後はマリノスのペースで試合が進む。球際での競り合いでボールを奪いきれず立て続けにピンチを招くと、34分、38分と失点を許す苦しい展開。
何度かボール奪取からカウンターでチャンスを作るものの、シュートまで至らず2点ビハインドで試合を折り返す。
後半は一転。開始10分は両チームシュートが無い落ち着いた展開に。
そんな中60分にガンバが先に動く。高に代わり田中を投入、71分には小野瀬に代えて渡邉を投入すると、FWを3枚並べ4-3-3へシステム変更。まずは1点を奪いに行くがゴールを割ることができない。85分には遠藤に代えて矢島を投入。その直後の88分。
右サイドの田中のクロスを相手DFがクリアしきれず、こぼれたボールを藤春が押し込み1点差に。その後もアディショナルタイムの4分も同点を目指して戦うが、反撃もここまで。
開幕戦待望の白星を挙げることはできなかった。