ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.9.3[ユース]

≪ユース≫「2017 プレミアリーグ 11」 試合結果

一つ後のニュース

2017年9月3日(日) 16:00kick off

会場:OFA万博フットボールセンター

ガンバ大阪ユース 1ー2 セレッソ大阪U-18
【前半0-1/後半1-1】

【得点者】
大谷

【先発メンバー】
GK 桑原
DF 臼井 岸田 中島 奥井
MF 森永 奥野 丹羽 梅津 宮脇
FW 原田

【交代】
森永→塚元 脇→大谷 原田→國分 奥野→池田 奥井→足立

高円宮杯Uー18プレミアリーグ第11節。現在5位のガンバ大阪ユースと4位のセレッソ大阪Uー18。ガンバは前節、9ー0と大勝し優勝争いに食い込んでいくためにも負けられない一戦。

前半3分ハーフライン付近からのフリーキックをゴール前に入れられると、混戦の中から先制点を奪われ追いかける展開に。前半のうちに追いつきたいガンバは17分、中盤でボールを丁寧に繋ぎ、奥野がミドルシュートを放つがゴールキーパーのファインセーブでコーナーキックに逃れられた。徐々にボールをキープする時間が多くなったガンバは続いて26分、中盤で奪ったボールを奥野、原田、丹羽と繋ぐがシュートは枠を捉えられない。

後半に入り、48分には中央を突破され、一度は岸田が相手のドリブルを止めるが、こぼれ球を上手く流し込まれ2点差とされる。交代選手で流れを変えたいガンバは80分、宮脇に代わって入った大谷が相手のフリーキックをインタセプトし、センターサークル付近からディフェンス2人をドリブルで抜き去り、ゴールキーパーとの1対1を冷静にゴールに流し込み1点差とする。続いて85分には相手ディフェンダーがペナルティエリア内でハンドの反則。PKを得るものの、決めきれずゴールキーパーに阻まれる。その後も果敢に攻め続けるガンバだったが、ゴールを決める事はできず、惜しくも敗戦となった。

『高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。

http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18_2017/premier_2017/