ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.10.28[ユース]

≪ユース≫「2018 Jユースカップ 3回戦」 試合結果

一つ後のニュース

2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会 3回戦

2018年10月28日(日) 10:30キックオフ
会場:時之栖裾野グラウンド

ガンバ大阪ユース 1-0 鹿島アントラーズユース
[前半0-0/後半1-0]

【得点(ガンバY)】
原田

【先発メンバー】
 GK 駒井
 DF 奥田、河井、髙橋、吉木
 MF 奥野、長尾、丹羽、岩本、足立
 FW 原田

【交代】
長尾→國分
足立→唐山
奥田→岡治
吉木→大石

Jユースカップ3回戦は現在プレミリーグEAST首位の鹿島アントラーズユース。
前半立ち上がりから鹿島は激しくボールを奪いに来る。そしてロングボール、ロングスロー、セットプレーを駆使してゴールに迫る。一方ガンバユースは相手のダイナミックな攻撃にしっかり対応して弾き返す。ボールを保持するとショートパスを繋ぎ崩しにかかるがなかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。徐々に鹿島の激しいチャージが増えファウルが多くなるが島田監督から「泥臭いことも必ずやる!」その言葉通りガンバユースも冷静でありながらも体を張り激しくボールを奪い返す。激しい攻防が続くが両者とも得点を許さず前半を折り返す。51分鹿島のFK。大外からの折り返しをシュートされるが、バーの上を超えなんとかピンチをまぬがれる。その直後54分には中盤でボールを奪ったガンバユースが岩本から原田へパスを送り原田左足でシュートを放つもこれは惜しくもゴールポスト横に外れる。なかなか試合が動かない。57分には鹿島のカウンターでシュートまで持ち込まれるが駒井のファインセーブでゴールを許さない。67分長尾→國分を投入81分には足立、奥田→唐山、岡治を投入し勝負に出たガンバユース。すると85分。駒井の素晴らしいスローイングから右サイドを駆け上がった岡治は丹羽とワンツーでサイドを突破。そのままクロスを上げ國分がコントロールし放ったシュートは相手GK が一度はセーブするもそこに原田あり!原田がこぼれ球をしっかり押し込んで待望の先制点をあげる。その後もロングボールを放り込む鹿島に対してしっかり弾き返すガンバユースは最後まで集中しゴールを割らせずタイムアップ。原田のゴールが決勝点となり準々決勝へ繋げた。


本日も遠方まで熱い声援を送ってくれましたサポーターの皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。

『第26回Jリーグユース選手権大会』についての詳細は、
「Jリーグ」ホームページをご覧下さい。
http://www.jcy.jp/?cat=15