ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • スポーツオーソリティ

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

2018.9.17[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫「サンライズリーグ ⑰」伊丹FC 試合結果

一つ後のニュース

サンライズリーグ第17節
2018年9月17日(月)13:20 キックオフ
会場:下鳥羽人工芝グランド
【16節までの成績/順位】
1位 ガンバ大阪 勝点33 10勝2敗3分 得点31 失点14 得失点+17

ガンバ大阪ジュニアユース 4-1 伊丹FC
[前半3ー1 後半1ー0]

【先発メンバー】
 GK 上西
 DF 脇山、土井、栗原、野中
 MF 髙橋、桒原、平川、鈴木(章)
 FW 宮路、中村

【得点者】中村×2 鈴木(章)南野

【交代】鈴木(章)→鈴木(大)、宮路→南野、栗原→矢野、土井→小幡、中村→浅野

上位チームが足踏みしてる中、優勝に向けて勝ち点を伸ばすべく迎えたサンライズリーグ第17節。

開始早々から、ガンバ大阪の持ち前のパスワークとドリブルで相手ゴールに迫る。
対する伊丹FCも粘り強い守備をみせ、ガンバ大阪に襲いかかる。
そんな中、23分、前節に引き続き背番号10、中村が魅せる。
左サイドを崩し、鈴木(章)からペナルティエリア内中央で受けると冷静に相手をかわしゴールに流し込み先制点をあげる。
26分には、中央の混戦から平川、中村とわたり、中村が左足を振り抜きゴールに突き刺し追加点。攻撃の手を緩めないガンバ大阪。続く34分には、鈴木(章)が華麗なFKを直接ゴールに蹴り込み3点目。しかし、前半終了間際に直接FKを決められてしまい2点リードで前半を折り返す。
後半に入り、相手の勢いも増しゴール前に攻め込まれるも、土井を中心に対応し追加点を与えない。すると後半23分。途中出場の南野が左サイドを抜け出し、そのまま左足を振り抜き、豪快なゴールをあげる。
その後は相手にスキを与えず、勝ち点3を積み上げた。

本日も遠方まで熱い声援を送ってくれましたサポーターの皆様、保護者の皆様、ありがとうございました。

『高円宮杯 JFA 第30回全日本U‐15サッカー選手権大会』についての詳細は、
「日本サッカー協会」ホームページをご覧下さい。
http://www.jfa.jp/match/takamado_jfa_u15_2018/regional/kansai/