• Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.3.20[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫ タイ遠征 レポート②

一つ後のニュース

  • 試合写真1
  • 試合写真2
  • 試合写真3
  • 試合写真4
  • 試合写真5
ジュニアユース タイ遠征2日目

U-14 ASEAN Dream Football Tournament 2016/2017 第1日目

グループA

ガンバ大阪ジュニアユース 1-1(1-1,0-0) チャイナート・ホーンビル FC(タイ)

【得点(ガンバ)】
宮路

【メンバー】
GK 萩原
DF 奥出、小山、シュレスタ、三木
MF 深澤、鈴木、岡村、西出
FW 宮路、南

【交代】
奥出→安井、岡村→野中、宮路→溝口、西出→幡司、鈴木→土井


大会初日の朝を迎え、まだまだ暗い夜明け過ぎの6:30から朝食を食べ、
週明け月曜日の渋滞の中、約1時間かけて会場へ。

緒戦は、創立数年のチャイナート・ホーンビル FC / Chainat Hornbill FC (タイ)との対戦。
まだ、暑さを感じない中でのウォーミングアップだったが、
10:00キックオフとともに、唯一の人工芝グラウンドからか俄然暑さを感じさせる天候に急変する。
開始10分は両チームともパスが5本と繋がらない浮ついた展開になる。
その後は早くも消耗戦となり、相手に対して戦う気持ちをぶつけるよりも、
息苦しさとの自分との戦いになってしまう。
どたばたしたまま不用意に与えてしまったサイドからのフリーキックが、
DFを越えたあとにクリアする選手が居らず相手に詰められて先制されてしまう。

15分の給水タイムの後は落ち着きを取り戻し、ガンバがパスをつなぎ再三相手ゴールに迫り、
セカンドボールを拾う一方的な展開となる。
決定機を決められずビハインドで終わるかと思いきや、終了間際に左サイドを突破した宮地が、
一度は相手に阻まれるもサイド自分の前にこぼれたボールをゴールに蹴りこみ、同点にして前半を終了する。

後半から3人のメンバーを入れ替えて、攻勢に出たが最後の詰めが甘く、
シュートがGK正面に、決定機のコントロールミス、セットプレーのヘディングが浮くなど、
勝ち越せそうで得点が遠い重苦しい様相が続く。
フレッシュな交代選手が、前へ推進力を見せて攻め込むが、
逆に相手の交代選手も勢いがあり、裏への飛び出しを見せてあわやのシーンもあったが、
GK萩原が落ち着いて対応することで、失点を防ぐ。
ロスタイムに、ゴール前で溝口が上手くDFをかわして正面からシュートを放つが、
GKに阻まれて得点できずに、試合終了。
押し込みながらも、勝利をもぎ取れなかった悔しい引き分けとなった。

明日は1日2試合のハードスケジュール。今日の反省を生かして勝ち切る準備をしっかりとしたい。