ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬株式会社
  • umbro
  • SHIP HEALTHCARE
  • 大建工業株式会社
  • TOYO TIRES
  • セブン-イレブン
  • 大阪国際大学
  • スポーツオーソリティ
  • 追手門学院大学
  • 朝日新聞

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2017.8.30[ジュニアユース]

≪ジュニアユース≫ イタリア遠征 レポート④

一つ後のニュース

本日いよいよ大会初戦を迎えるガンバ大阪。
9時より朝食を取り、11時よりグラウンドにて調整を行った。
日に日にコンディションも上がり、選手たちにも笑顔が出てきた。

調整後に昼食(カルボナーラ、七面鳥)を食べ、その後はフリーとし、試合前の食事までそれぞれ思い思いの時間を過ごす。この中で、選手たちが自ら話し合い選手間のみでミーティングを実施。勝負にこだわる姿勢を感じた。

18時45分に再集合し、食事を取り20時に会場へ向けて出発。

ウォーミングアップ前にミーティングを行い、梅津監督から、「この雰囲気の中でセリエAのチームと対戦が出来ることの喜び。更にそれをよい経験だった、だけで終わらせないように。」と言葉を掛けられた。対するローマは前日にロンバルディア州選抜に1-2で敗れており、本日の結果次第で早くも予選リーグ敗退が決まってしまう状況である。

第28回ガエターノ・シレア国際大会 5日目

VS AS ローマ
2-0(0-0.2-0)

【得点者】
溝口、南野

【先発メンバー】
GK 森脇
DF 土井、平川、小林、野中
MF三木、桑原、浅野、溝口
FW中村、宮路

【交代】
宮路→南野、溝口→大西、桑原→小幡、中村→高橋、土井→鈴木、野中→安井

試合開始から負けられないローマは、前日とは異なり前線から激しいチェイシング。パワー、スピードで勝るローマに押し込まれる時間が続き、ボールを保持することが出来ないガンバ大阪。それでも森脇とDFライン全員が高い集中力を保ち得点の機会を与えない。ボールを奪っては前線にボールを入れるが、ローマDFのフィジカルコンタクトの強さにうまくボールを納めることが出来ず前半を何とか0-0に凌ぐ形となった。ハーフタイムに冷静に相手を分析し、もう一度戦術の確認を行い、後半に臨む。

後半も変わらずチェイシングを掛けるローマ。まけじとガンバ大阪も前半同様前線からハイプレスを仕掛けチャンスを作り出す。相手の運動量も落ち始め、後半はガンバペースに引き戻す。すると後半7分、宮路のチェイシングから相手のクリアを野中がカットし、ワンタッチで中村へ。中村のドリブル突破により相手DF を3人引き連れ、その空いたスペースに溝口が走り込み中村がボールを落とすと、右足一閃。素晴らしいミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり、先制することに成功。その後も変わらず前線からプレスを駆け続けるガンバ大阪。時折受けるカウンターにも平川、小林が冷静に対応しチャンスを作らせない。後半27分には、野中のインターセプトから替わった大西へ。そこから中村へ預け、ドリブル突破から再度大西へ。ペナルティエリア内で相手DFが密集していたにも関わらず絶妙なパスを繰り出し、それに反応したこちらも替わった南野がワンタッチシュートで追加点を挙げる。

選手交代を多用し、フレッシュな選手のハードワークもあり、そのまま試合終了。大事な初戦を2-0勝つことができ、明日の2戦目を優位に立った状態で臨むこととなった。

しかしながら、明日の対戦相手のロンバルディア州選抜はホーム地域であり、完全アウェイが予想される。スタンドの雰囲気に呑み込まれることなく、その雰囲気すら楽しめる集団になることを期待し、明日を迎えたい。