ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.8.23[チーム]

2019明治安田生命J1 第24節 △2-2 鹿島@カシマ

一つ後のニュース

J1第24節はアウェイで鹿島と対戦。
鹿島は2連勝中で2位に浮上。夏に加入した新戦力も結果を残すなど好調をキープしている。
その鹿島に勝ち切り、リーグ戦5試合ぶりの勝利を掴むべくこの試合に臨んだ。

試合のスタメンには井手口がガンバ復帰後初のリーグ戦先発に抜擢。前節メンバー外だった福田もスタメンに復帰した。

立ち上がりはホーム・鹿島がサイドで起点を作り、ゴール前へクロスを送ってチャンスを作る。
一方ガンバは中盤でボールを奪いカウンターで応戦。
5分には宇佐美が、7分にはパトリックがシュートを放ちゴールを狙う。

その後はボールを保持すると最終ラインでボールを回しながら、攻撃の糸口を探っていくが、コンパクトな鹿島の守備を相手に中間ポジションでボールを受ける場面が少なく、じりじりと攻め上がることはできない。

しかし、前節存在感を示した小野瀬がこの日も右サイドで躍動。
ガンバのチャンスの多くは、右サイド小野瀬へのサイドチェンジのボールから生まれた。

33分にはガンバに得点が生まれる。
東口からのロングフィードをアデミウソンがDFと競りながら身体を入れ替えて上手く抜け出し、GKとの1対1も冷静にシュートを流し込んでゴール。貴重な先制点を奪った。

しかしリードしたまま試合を折り返したかったガンバだったが、44分には
中盤でボールを失うと、ショートカウンターから鹿島・セルジーニョに豪快なシュートを沈められ失点。1-1の同点で試合を折り返す。

両チーム交代の無く始まった後半は、前半から引き続き鹿島は徹底してサイドを起点に攻撃を展開。

すると58分には右サイドからのクロスを一度は跳ね返すが、こぼれ球を拾われアタッキングサードでフリーにした鹿島・小池にシュートを許し、これにゴール前で鹿島・伊藤にコースを変えられゴールを割られ失点。

リードを許した後も鹿島が優勢。
66分には直接FKを町田に頭で合わせられシュートを許すが、ここはポストに助けられ難を逃れる。
しかし73分。
最終ラインの三浦からのロングフィードに抜け出した福田が、ペナルティエリア内で仕掛けると後ろから倒されPKを獲得。それをパトリックが落ち着いて決めて同点。試合を振り出しに戻す。

その後両チーム得点が無い中ガンバは、80分に宇佐美に代えて矢島を投入。
85分には移籍後初出場となる高木をピッチに送りゴールを目指す。

アディショナルタイムに入った90分+4には前線から連動した激しいプレスを見せ、敵陣右サイド高い位置でボールを奪うと、ゴール前へ送ったクロスにパトリックが合わせるが、GKにセーブされ得点ならず、試合もそのまま2-2で終了。
リードされた後に追いつくしぶとさは見せたものの、これでリーグ戦は5試合連続の引き分け。5試合ぶりの白星とはならなかった。