ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.5.26[チーム]

2021.5.27(木) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第16節 ○2-1 徳島@パナスタ
[プレビュー]必要なのは流れを変える勝点3。今節こそ、ホーム初勝利を掴み取る

一つ後のニュース

松波監督の就任後も勝ちから見放され、リーグ戦で現在4連敗。苦しい状況に立たされているガンバだが、この状況から抜け出す方法はただ一つ。「きっかけが必要。勝つこともそうだし、点が入ることもそう。それを待つのではなくきっかけを自分たちで作っていくしかない」と宇佐美が言い切るように、ガンバの総力で、嫌な流れにピリオドを打つのみだ。
前節は開始から1分も経たない時間帯に痛恨の失点を許し、後手を踏んだガンバだが、攻撃面では徐々にではあるものの、相手を押し込む時間帯も増えてきた。まだ本来目指す攻撃は披露できていないが、今は攻守両面で我慢の時期である。
東口は徳島戦のポイントについてこう語る。「監督交代後、カウンターとか陣形が崩れた時の失点が続いているし、前節は試合の入りでやられている。そうなるとどんなチームでも厳しくなる」。

攻撃への意識を高めるがあまり、カウンターやセットプレーで不用意な失点を続けているガンバだが、まずはボール保持に長ける徳島相手に慎重な試合の入りを見せる必要があるだろう。
松波監督からもゴールを求められている宇佐美はフィニッシュだけでなく、精度の高いキクでも攻撃を牽引しているが「ボールを回しながら個人技を交えてエリアに入るのか、良い距離感から生まれるパスワークで侵入するのか、そこを成長させないと本当の決定機は増えていかない」と攻撃の課題は認識済みだ。最終ラインにドゥシャンやカカ、ジエゴら外国籍の選手をズラリと揃える今季の徳島を我慢強く崩したい。

昨シーズンの天皇杯準決勝以来の再戦となる徳島は今季、ポヤトス監督を新たに迎えたがボールを丁寧につなぐスタイルは健在だ。昇格組ではあるものの今季はクラブ史上初のJ1リーグ戦3連勝を飾り、現在は13位。前節は名古屋と接戦の末に0対0のドローに終わっているが、侮れない力を持っている。
ガンバが封じるべきはやはり徳島の心臓部を司るボランチの岩尾である。「彼が中心になって攻撃を仕掛けてくる。誰が抑えに行くのか、そしてボールに対するプレスが大事になる」(松波監督)。
そして前節途中出場した元ガンバの佐藤もやはり侮れないベテランFWであるのは言うまでもない。
試行錯誤が続くガンバだが徳島戦での勝利の鍵はやはりいい守備だ。「ボールを動かして流動的に攻撃してくるチーム。まずはボールをどう回収するか、そして回収した後にどう攻撃するかは皆で合わせていきたい」(松波監督)。
勝利とゴールに飢えるガンバが、今節こそ勝点3をもぎ取りに行く。