ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2019.7.3[チーム]

第99回天皇杯2回戦 ○7-1 讃岐@パナスタ

一つ後のニュース

元日決勝を新国立競技場で行う第99回天皇杯。
ガンバ大阪は2回戦から登場で、雨の中J3・カマタマーレ讃岐と対戦した。
雨中の天皇杯で思い出されるは、昨年の第98回大会2回戦。延長戦の末、関西学院大学に痛恨の敗戦を喫した苦い経験をしているだけに、それを払しょくし、手堅く3回戦へ進出を決めたい一戦となった。
試合のスタメンには、J1 第14節 鹿島戦以来、約1か月ぶりの実戦復帰となった小野瀬が名を連ね、控えにはJ3でここまで7ゴールを挙げている髙木がメンバー入りした。

試合は序盤、ロングボールを蹴りこむ讃岐に対して、セカンドボールをマイボールにし切れず、2次攻撃を受ける。
しかし、守勢の立ち上がりの中迎えた10分。左サイド中盤で福田がコンチャとのワンツーで抜け出し、ペナルティアーク付近の中村へパス。するとその中村が冷静にゴール左隅に狙い澄ましたシュートを流し込み先制!讃岐ペースの中、貴重な先制点を奪う。

そして直後の14分には、先制点を挙げた中村が、右サイド高い位置でボールを奪いそのまま自らドリブルで持ち込むと、最後はゴール前で強烈なシュートを放ち追加点を挙げる!

その後もアタッキングサードでフリーになる矢島からゴール前へ決定的なボールが配球されチャンスを演出していくと、24分には左サイド高い位置で中村が相手のトラップミスを見逃さずボール奪取。そのままドリブルで駆け上がり、中央の食野へラストパス。最後はその食野がゴールに押し込み3点目!

しかし、このままガンバが試合を支配して進めていくかと思われた40分。
ペナルティエリアやや外でFKを与えると、讃岐が直接ゴールを狙ったボールが壁に当たって軌道が変わり、そのままゴールに吸い込まれ失点。
嫌な時間にゴールを許し3-1で試合を折り返す。

後半は両チーム交代なくスタート。
早々に追加点を取り、試合を決定づけたいガンバだったが、前半とは打って変わって試合は硬直していく。

するとベンチが動く。62分にはこの日復帰となった小野瀬に代わってアデミウソンを投入。70分には食野に代えて髙木を投入し攻勢を強めに行くと、宮本監督の期待に応えたのは交代で投入された髙木だった。
75分。左サイド深くでボールを受けると、カットインしてシュートを放ち待望のダメ押し弾で試合を決定づける!

4点目を奪った後も、この日のガンバは攻撃が止まらない。
79分には中村がハットトリックとなる5点目を挙げると、82分には再び髙木が強烈なミドルシュートを突き刺し、最後は90分+4にアデミウソンがヒールでゴールを奪いゴールラッシュを締めくくって試合終了!

若手の活躍によって7発快勝。これで8/14(水)に行われる3回戦へ駒を進めた。