ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.4.14[チーム]

2021明治安田生命J1 第18節 ○1-0 鳥栖@駅スタ

一つ後のニュース

前節のアウェイ・柏戦から再び今節もアウェイで戦うミッドウィーク開催の鳥栖戦。中2日でアウェイでの連戦となるこの試合、宮本監督は前節から一気にスタメンを5人変更。ボランチ・井手口とのペアには今季初先発となる奥野を抜擢。さらに前節はサブからのスタートだった福田と小野瀬を攻撃的MFに、そして2トップにはパトリックと宇佐美を起用し、今季初勝利を懸け鳥栖とのゲームに臨む。

11分、高い位置でボールを奪うと、ショートカウンターから宇佐美がミドルで狙うが、ここは鳥栖GK・朴がわずかに指先で触れCKへ。続くCKの場面、宇佐美のインスイングのボールを髙尾がプッシュするが、枠内に収めることはできない。立ち上がりから宇佐美を中心にチャンスを生み出すガンバ。対する鳥栖も13分、右サイドバック飯野がボールを受けると、中央へ切れ込み左足で強烈なシュートで狙ってくるがこれは枠外へ。25分にはボール奪取から素早い攻撃を展開し、前を向いた宇佐美がパトリックへスルーパスを狙うが、わずかに呼吸が合わずにシュートへ持ち込むことはできない。32分、左サイド・福田のクロスからペナルティエリア内に走り込んだ小野瀬が素晴らしいコントロールから左足ボレーで狙うが、ブロックに入った鳥栖DF・エドゥアルドに弾かれてしまう。互いにチャンスはつくるも決めきれずにスコアレスで前半を折り返すと、両チーム選手交代なく後半へ。

後半は立ち上がりから鳥栖がペースを掴む。50分、仙頭のドリブル突破からパスを受けた林がダイレクトで狙ってくるがこのシュートは枠外へ。54分、本田から林へのスルーパスは並走した昌子が見事なスライディングでカバー。足首の怪我からの完全復活を目指す昌子が見事なプレーでチームを助ける。この時間帯、鳥栖がボールを握る時間が続くが粘り強いディフェンスでしっかりと耐えるガンバ。63分、反撃に出たいガンバはCKのこぼれ球を福田がダイレクトで狙うがシュートは枠を捉えることができない。互いにスコアレスで拮抗するこのゲーム、64分にまずはホーム・鳥栖が最初の選手交代を行い、中野に代え小屋松、山下に代え酒井の2人を同時に投入。選手交代でさらに攻勢をかけてくる鳥栖の攻撃を凌ぐと68分、相手のクリアボールを回収した奥野を起点にチャンスが生まれる。左サイドで奥野のパスを受けた福田がルックアップからゴール前に走り込んだ宇佐美にスルーパスを送る。ペナルティエリア内でフリーになっていた宇佐美がワンタッチコントロールから思いきりよく右足を振ると、このシュートが対角のサイドネットに突き刺さり待望の先制点に!2021シーズンのリーグ戦チーム初得点がエース・宇佐美の右足から生まれ、この試合の均衡を破るゴールをガンバが挙げる。74分、1点を追う展開となった鳥栖はすぐさま仙頭に代え樋口、中野に代え大畑をピッチに。するとガンバも75分、宇佐美と福田を下げ倉田と川﨑を投入し、相手の選手交代に対応する宮本監督。77分、飯野のクロスからDFの前に入った酒井がダイビングヘッドを放つ。ダイナミックに頭で狙ってくるがこのヘディングシュートはゴールの枠上へ。その後も鳥栖は88分に最後のカードを切るとFW・豊田が入り同点ゴールを狙いにくるが、ガンバもアディショナルタイムに一美を投入し、前線からのプレスを強化。最後まで集中した守備でアディショナルタイム5分間も凌ぐと、1点のリードを守り切りタイムアップ。エース・宇佐美の得点、そしてクリーンシートで勝ちきったガンバがチーム一丸となり敵地で待望の今季初勝利を挙げた。