ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)
  • 吹田市

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2021.7.30[チーム]

2021明治安田生命J1 第4節 〇2-0 札幌@札幌厚別

一つ後のニュース

前節、大分に対して先制を許す苦しい展開の中、途中出場のレアンドロ ペレイラと宇佐美の劇的なゴールで逆転勝ち。松波監督の采配も冴え、順位の近い大分にホームで勝ちきり、降格圏を脱する15位に順位を上げたガンバ。ACL帰国後のバブルも溶け、ひと時のリフレッシュを経た選手たちは再び過酷なアウェイでの連戦に臨む。今節の相手は10位の札幌。本来であれば3月に開催を予定されていた一戦だが新型コロナウイルスの影響で延期され、代替開催となる第4節のこの試合。試合運営にあたり尽力いただいた方へ感謝の気持ちを抱きこの試合を戦う。この試合で松波監督は前節からスタメンを5人変更。DF三浦は2試合ぶり、そして髙尾はACL初戦以来の先発出場。MF倉田と矢島、そしてFWには前節、途中出場で同点ゴールを挙げたレアンドロ ペレイラを起用。大分戦で決勝点を挙げた宇佐美がベンチに控える陣容で金曜日開催となった試合は18:03にキックオフを迎えた。

5分、札幌のDFラインからロングボールが入るとチャナティップが頭で折り返したボールをジェイが左足で狙うが、ここは昌子がコースに入りしっかりとブロック。続け様にゴール前で短いパスワークからチャナティップの中央へのパスを福森がヒールで落としたボールをジェイが強引にシュートを放つが、これも東口がセーブ。12分にもDFラインの裏へ飛び出した小柏にシュートを放たれるが、キム ヨングォンが身体を張ってブロック。続く13分にも金子のインスイングのクロスにペナルティエリア内に飛び込んできた荒野にフリーでヘディングシュートを許すが東口が正面でキャッチ。立ち上がりから札幌が攻勢をかけてくるが、東口を中心に最後の場面は許さない。一方、反撃に出たいガンバは22分。ハーフウェーライン手前でウェリントン シウバが相手ボールをカットすると、そのまま猛然とドリブルを開始。一気にペナルティエリア内に侵入し、カットインから荒野を交わすと最後は右足を振り抜くが、菅野のビッグセーブに遭いゴールを割ることはできない。頭を抱えて悔しがるが、しかし続く29分、再びそのウェリントン シウバが起点となりチャンスメイク。左サイドで小野瀬からのパスを受けると、プレッシャーをかける相手DF2人の間を突破し、左足でゴール前へ丁寧にグラウンダーのクロスを送る。このクロスをゴール前に入り込んだ矢島が右足で合わせてゴールネットに突き刺す!この試合でJ1通算100試合出場を達成した矢島のゴールで3試合ぶりにガンバが先制し優位に試合を進める。直後の32分、ボールを持つ髙尾に対してチャナティップが後方から危険なタックルを見舞う。このプレーで負傷した髙尾は一度立ち上がるもプレー続行不可能となり、そのまま黒川と交代。前半のうちにアクシデントで交代カードを切ることになったガンバ。36分にもウェリントン シウバ、前半アディショナルタイムは小野瀬がそれぞれ札幌DFのチャージを受け倒れ込む場面を見せるが、ラフプレーにも屈せず、時間を経るごとに落ち着いたゲーム運びを見せたガンバが1-0とリードを保ち試合を折り返す。

1点を追う札幌はハーフタイムにルーカス フェルナンデスを下げ、菅を投入。対するガンバはハーフタイムでの選手交代は無し。松波監督は「0-0だと思って全員で集中して後半スタートしよう」と指示を送り後半へ。46分、福森が左足で浮き球のパスをゴール前へ送る。ペナルティエリア中央でトラップしたジェイに右足でシュートを放たれるが、このシュートは枠の上に外れる。51分、チャナティップのパスを受けた小柏がペナルティエリア中央から鋭い弾道のシュートを放つが、これは東口がガッチリとキャッチ。後半も立ち上がりから札幌が攻勢をかけるが、松波監督の指示通り集中した守備でピンチを凌ぐと53分。連動した守備で高い位置でボールを奪うとショートカウンターへ。倉田が左サイドを駆け上がった黒川に展開すると、黒川が左足でゴール前のレアンドロ ペレイラへピンポイントクロスを送る。フリーになっていたレアンドロ ペレイラが頭で合わせると、一度は菅野に防がれるもこぼれ球を自ら押し込み、追加点を奪う!レアンドロ ペレイラの自身今季初となる2試合連続ゴールでリードを2点に広げる。2点のビハインドを負う札幌・ペトロヴィッチ監督ははその後、立て続けに交代カードを切る。60分に福森に代え深井、さらに64分にはジェイと荒野に代え、青木と柳を続々と投入し反撃に出る札幌。対するガンバは70分、チュ セジョンとウェリントン シウバを下げ、奥野と宇佐美を投入。さらに75分には矢島とレアンドロ ペレイラのスコアラー2人を下げパトリックと一美を投入。攻撃的な選手を投入し、前線からのプレスを強化しつつ、さらに追加点を狙いに行く積極的な交代策を見せる。77分、青木のCKを柳がヘディングシュートで狙うが、ボールは枠の左へ。80分、チャナティップのパスを受けた金子の強烈なミドルシュートは東口がセーブ。こぼれ球も集中を切らさずしっかりとクリアしゴールは許さない。85分、札幌は最後のカードを切ると小柏に代え、ドウグラス オリヴェイラを投入。終盤は札幌の猛攻を受ける展開になるも、隙を突き攻め込むガンバは86分、奥野が思いきりよくミドルで狙うもシュートはわずかに枠上へ。アディショナルタイム5分間も東口や昌子の守備陣を中心に声を掛け合いながら、パトリックや一美が効果的なボールキープを見せ試合をクローズさせたガンバ。攻守の歯車がガッチリと噛み合い、今季2度目の二連勝で13位に順位を上げた。