ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • 大建工業(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

一つ前のニュース

2018.3.15[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.3.17(土) 13:00~ 明治安田生命J3リーグ 第2節 ●1-4 鹿児島@鴨池
[プレビュー]開幕戦の勢いを受け、若きガンバが目指すのは連勝のみ

一つ後のニュース

「逆転で勝ち切れたのは自分たちにとって自信になるし、次の試合に向けて弾みがつく」。高がこう振り返ったように、開幕戦でガンバ大阪U-23は2点のビハインドをはね除け、今季初勝利をつかみ取った。
放ったシュート数は実に18本で、エース一美や食野らアタッカー陣が躍動。ガンバの表看板である攻撃力で盛岡をねじ伏せた開幕戦だったが、宮本監督は「勝てたことはいいことだが、この試合を教訓に更に成長して欲しい」と更なる高みを目指している。
勝って兜の緒を締めよ、の言葉通り、若き選手たちにも油断はない。「試合の入りが良くなかったのは課題。ただ大崩れしなかったのは昨年までと違うところ」と高が言えば、ボランチで新境地を開拓中の髙江も「まずは守備からというのを意識している」。
オーバーエイジ枠3人が加わったこともあり、連携面では課題を残したガンバ大阪U-23だが、宮本ガンバが目指すのは攻守にコレクティブさを忘れない攻撃サッカーだ。

昨季終盤6試合を負けなしで乗り切り、チームとしての一体感を見せる若きガンバにとって、鹿児島戦はその真価を見せつける格好の舞台になるはずだ。
今節アウェイで対戦するのは昨季のJ3で4位の鹿児島。就任2年目の三浦監督は攻守両面でタフに戦いを挑んで来るチームだけに、簡単な試合にはならないはずだ。2年連続でJ3得点王になった藤本が移籍し、攻撃の形を再構築中の鹿児島は開幕戦で鳥取に敗れているだけに、ガンバ大阪U-23相手に必勝を誓って来るはず。
新加入のアレックスやキリノらブラジル人アタッカーなど、確かな個を持つ選手を封じることは不可欠になる。

鹿児島戦の翌日にトップの柏戦が控えていることもあり、オーバーエイジ枠の顔ぶれは不透明だが「トップに食い込むために、J3で結果を出す」(高)とモチベーションが高い若手は、誰がピッチに立とうとも高い意識でプレーするはずだ。
開幕から勝ちに見放されていたトップに刺激を与えた若きガンバだが、トップもルヴァンカップで待望の今季初勝利。ルーキーの中村がプロ初ゴールを飾ったことは一美や食野らに更なる刺激を与えるに違いない。「点を取り続けて、トップに絡みたい」と一美が2戦連発を誓えば、開幕戦で最多となる6本のシュートを放った食野は「もっと点を取れるチャンスがあった。そこを更に決めて行きたい」と2得点にも満足感はない。
J3屈指の個の力を持つ鹿児島に勝ちきり、開幕ダッシュを飾りたい。若きガンバが目指すのはJ3で初となる連勝スタートだ。