ガンバ大阪
  • Panasonic
  • ロート製薬(株)
  • umbro
  • (株)ダイセル
  • シップヘルスケアホールディングス(株)
  • (株)東洋ゴム工業
  • (株)セブン-イレブン・ジャパン
  • Sky(株)

GAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITEGAMBA OSAKA OFFICIAL WEB SITE

ニュース

リリース日:~

一つ前のニュース

2018.8.18[チーム]

Powered by GAMBAplus

2018.8.19(日) 19:00~ 明治安田生命J1リーグ 第23節 ●1-2 仙台@ユアスタ
[プレビュー]倉田・菅沼が語るJ1第23節 vs 仙台 ― 相性のいいアウェイ仙台戦。前節の悔しさを胸に勝ち切るのみ

一つ後のニュース

宮本体制で初の連勝を目前としながらもアディショナルタイムに痛恨の失点。土壇場で勝ち点3を逃したガンバは、最下位に転落した。「今はたとえ勝ち点1でも積み上げることが大事」(東口)。混戦模様の下位戦線だけに、勝てば今節にも降格圏から抜け出す可能性があるガンバにとって、「非常に重要な試合」(遠藤)となるのが仙台戦だ。

「攻撃でいい部分が出始めているのは収穫」と倉田も懸命に前を向くが、仙台相手に必要なのが攻撃陣の踏ん張りだ。過去3シーズン、アウェイの仙台戦は全て3得点を挙げて勝ちきっているガンバだが、仙台は現在8位で前節は湘南に4対1で勝ちきっている。前節対戦した札幌と全く同じフォーメーションで変則的な戦い方を用いてくるが、再開後のリーグ戦では守備面で波がある仙台だけに、攻め切るチャンスはあるはずだ。札幌戦のハーフタイムにお披露目された渡邊にも出場の可能性があるが、前節の反省を生かして確実にチャンスは決め切りたい。

一方で明確な課題となるのが「勝負所をしっかりと締めるという部分」(宮本監督)。仙台は新加入のハーフナーが前節、初得点。課題でもある終盤のクロス対応では細心の注意が必要だ。毎試合がガンバにとって総力戦。アウェイの地で勝ち点3をもぎ取りに行く。

MF10 倉田 秋「前節はゴールを取れただけでなく、仕掛けるドリブルに関してもキレを出せているので個人的にはコンディションも上々だと感じています。あとは90分をタフに戦い切るだけですが、チームとしても攻撃のやり方が整理されて、僕が欲しいタイミングで受けられるようになってきています。それが札幌戦のPK奪取にもつながったと思います。札幌戦は悔しい引き分けに終わりましたが、先制点もずっと取れていますし、試合の内容は確実に上向いている手応えもある。あとは、試合の終わらせ方を皆で統一しながら、しっかり勝ち切りたいと思います」

DF13 菅沼 駿哉「ここ2試合先発でチャンスをもらっているにも関わらず、前節は終盤に失点しました。やはりCBとしては守り切りたいところでしたし、守備陣として今後は甘さをなくしていかないとダメだと思っています。ラインがやや深くなってしまっている傾向がありますので、しっかりとラインを上げたいですね。クロス対応に関しても過度にセーフティな守り方を意識するのではなく、攻撃的な守備を心がけるつもりです。ガンバをJ2に落とすわけにはいかないですし、今のチーム状況も十分に僕は理解しています。宮本監督の期待に応えるプレーをしたいですね」